FC2ブログ

左足で外旋着地する


左足を外旋着地させる

小田先生の常歩(なみあし)勉強会の様子です。
この日は、極真空手の中量級、松岡朋彦選手も受講しに来ていました。
右手で突き(パンチ)を出すとき、左足を内旋着地するのと外旋着地するのでは、どう違うのか?
そんな話をしています。

その前に、足を内旋するって? 外旋するって?
足全体を動かすとは、股関節を動かすことです。
そして、股関節は、前後左右に動く以外に、回旋といって、ある程度まで回転することができる臼関節です。
で、足を内側に捻るのが内旋、外側に捻るのを外旋といいます。

いろいろな動作をするときに、体幹に最も近い関節である股関節をどう使うかは、その動作の力強さやスピードに大きな影響を与えます。
内旋着地をする松岡選手の突きは、ちょっと弱々しく、スピートも遅いように見えます。
どうしてでしょう。
内旋着地することで、動きにブレーキがかかってしまっているんです。内旋は、後ろに引く動作です。
次の外旋着地しているときの突きは……。
外旋は、内旋と逆に前に行く動作です。
スピード感があり、力強い感じがするのをわかっていただけるでしょうか。

一番見ていただきたいポイントは、右の股関節です。
内旋着地しているときは、右股関節がまったく固定されている感じがします。
外旋着地しているときは、右の股関節が、動きとともに前に出てきています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

Book Mark !
最近のコメント
最近の記事
プロフィール

Tat☆uma

Author:Tat☆uma
神戸市中央区元町のカイロプラクティック治療所で副院長をしています。
通常のカイロプラクティック治療の他に、常歩(なみあし)式身体動作上達法・二軸動作の指導をしています。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる