FC2ブログ

走塁時の下半身の動きについて


走塁時の下半身の動きについて


 先日から、スポーツ傷害のある野球部の中学生が治療に来ていたので、治療の後で、野球をするときの体の動きの指導をしていて、今回、その彼の試合での様子をビデオに撮ってきてもらいました。

 まず走塁のときの指導。
1塁から2塁など走塁するとき、“膝の抜き”を使うといいんです。
“膝の抜き”とは?
走り出す瞬間に、一瞬、すばやく膝の力を抜くことです。重力にまかせて一瞬ストーンと力を抜いて、次の瞬間、身体を支えた時、その時に‘地面反力’といって、地面から一番多く力をもらえるんです。

 そして“クロスオーバー・ステップ”
右足を越えるように左足を運ぶこと。

この2点を指導した後、本人は、スタートが早くなった、と言っていました。

 それと、彼はピッチャーでもあるんですが、彼のピッチングは、私が見た限り、なんだかロボットみたいな動きになっていて、まだまだ重心移動、腕の内旋・外旋が使えていないので、もっと意識してするように指導していきたいと思っています。
 あと、下半身がある程度でき出したら、次の段階を指導していって、どのように変わっていってくれるのか、楽しみです。
スポンサーサイト



Book Mark !
最近のコメント
最近の記事
プロフィール

Tat☆uma

Author:Tat☆uma
神戸市中央区元町のカイロプラクティック治療所で副院長をしています。
通常のカイロプラクティック治療の他に、常歩(なみあし)式身体動作上達法・二軸動作の指導をしています。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる