スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学2年O君のピッチング


Oくんのピッチング

彼の投げ方を最初に見た時、ものすごく印象の強い投げ方をしていました。
内野手のような投げ方です。

彼に指導したポイントは、まず下半身です。
1. 投げた時の重心が高いので、歩幅を大きくとるように意識すること。
2. 左足の着地ときに、内旋着地していたので、それを外旋着地するように意識すること。(つま先を2時から10時の方向へ)

先日指導したバッティング(3月18日の当ブログ参照)に関しては、『打った打球が変わり打ちやすくなった!!』とのこと。
その他に、困っていた花粉症の症状が出にくくなってきて調子がいい、ということでした。
中学生なので、ピッチングもバッティングもまだまだこれからなので、彼に合ったフォームを作っていきたいと思います。

動画は、試合でのO君のピッチングの様子です。
空振りでの3球三振です。
スポンサーサイト

中学1年K君のピッチング


Kくんのピッチング

まだまだ迫力のないピッチングですが安定している感じがします。

彼に指導したポイントは、まず、腕の動かし方です。
1. 右腕の動かし方  上腕を外旋すると、自然と耳の後ろからボールが出てくるので、相手のバッターからボールの握りが見えなくなります。
2. ボールが手から離れるときに、上腕外旋すること。
3. 左腕は力を入れず、内旋がかからないようにすること。

あと、下半身に関して、ポイント2つ。
1. 右足にずっと体重を乗せるのではなく、すぐに左足に体重を移動する。
2. 左足が着地したときは、つま先は内側ではなく外側に向いていること。

とりあえず、これらのポイントを指導していきました。

動画は、試合でのK君のピッチングの様子です。

O君のバッティングフォーム改善

O君は、今、スポーツ障害の予防(野球肘や野球肩)と、花粉症の治療に来られています。



最初の動画は、治療所内で、フォーム指導の前に撮ったものです。
彼は、スイッチヒッターなので、まず、右打ちから見てみました。
彼の癖として、ボールを前で打つ、というより、どちらかというと、後ろでボールを打つ感じがしましたので、極端に右足から左足に体重移動をするように指導しました。
これは、左腕外旋力を意識させ、左に体重(軸)が移るようにするためです。


最初の動画は前から撮ったもので、次の動画は、後ろから撮ったものです。






3つ目の動画は、指導後に戸外で実際にバットを持ってスイングしてもらったものです。
問題点に注意しながら振っていますが、まだ慣れないというか、ぎこちないバッティングフォームで、そんなに変った感じはしませんが、まだまだこれからです。



4つ目の動画は、左打ちのバッティングです。
彼の左の打ち方は、構えた時はしっかりと左足に体重が乗っているのにバットが出た(ボールを打つ)ときには、右足に体重が移動してしまっています。
左打者は、しっかりと左足に体重が乗った感じでボールを打つのが基本だと思います。
左腕の外旋力も意識させました。



最後の動画は、試合でのO君の活躍の場面です。
走りが速いので、セーフティバントをしかけた場面です。
塁間3.8秒ぐらいで走るそうです。
……なるほど、速いです。

次に、盗塁をするときのポイント。
膝抜きとクロスオーバーステップです。
彼の盗塁時の足の出は、右足スタートですが、常歩(なみあし)では、まず行きたい方向に膝を向け、左足が右足を追い越し(クロスオーバーステップ)左足スタートをよしとします。

あと、ヒットを打った時のバッティングです。
指導前のフォームですが、最初、しっかりと左足に体重がのっています。
ボールが当たる瞬間に、右足の方に体重が移動していくのがわかります。
内野安打にはなっていますが、少しぎこちない感じがします。

これから、さらに指導して、O君が、どう変化してくれるのか、楽しみです。

明石レッドソルジャーズ 吉川孝介 大西文晴投手


明石レッドソルジャーズ 吉川孝介投手



背番号16番の吉川孝介投手です。
腕から肘のしなりが速く、メジャーリーガーにいそうな感じの投げ方ですね。
でも、重心が少し高い感じ?
それとボールが高めに浮く感じがするんですが…。
左足のつま先が、投げた後にもう少し外を向いたら(2時から10時の方向)、もう少し楽に投げれるかもしれない、と思います。



明石レッドソルジャーズ 大西文晴投手


背番号12番の大西文晴投手です。
身体全体で投げれている感じがとてもいいですね。
右腕の外旋力はかかっている感じですが、ボールが離れるときの内旋力があまりかかっていない気がします。
もしかするとボールが離れる瞬間は、本人もしっくりきていないかも…。
将来、期待感大です。


神戸9クルーズ 武田陽介選手 ホームラン!!

神戸9クルーズ 武田陽介

3月3日の練習試合でホームランを打ちました。
左腕の外旋力がきいていて、しっかりと左側に体重を乗せているので、力強いバッティングフォームに見えます。

これからも期待しています

Book Mark !
最近のコメント
最近の記事
プロフィール

Tat☆uma

Author:Tat☆uma
神戸市中央区元町のカイロプラクティック治療所で副院長をしています。
通常のカイロプラクティック治療の他に、常歩(なみあし)式身体動作上達法・二軸動作の指導をしています。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。