スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッチングフォームの改善


ピッチングフォームの改善

先日、右肘が痛いという中学一年生の野球少年が、治療に来ました。

必要な治療を院長が行い、その後、私が、ピッチングフォームのチェックを行いました。
右投げのピッチャーだそうですが、私が、まず気になったところは、腕の動きです。
左腕は、上腕に外旋をかけることと、腕を抜かない(肘を胸前で止める)こと。
あと、左腕は、投げる前、右腕の上腕は外旋しておいて、ボールが手から離れた後は内旋するように意識してもらいました。
上腕を外旋している状態は、人間身体にとってニュートラルな状態なので、外旋させることで、投球動作から力みがなくなり、肩への負担も軽減されます。
これらを意識しながら投げるようにアドバイスしてみました。

あと、左足つま先を、投げる瞬間、時計の2時から10時の方向に滑らせるようにしてもらいました。
これで、体幹の捻じれがなくなり、肩や肘に過剰にかかっていた負担が軽減されます。

ビデオでは、最後のところです。
腕の振りが早くなっているのがわかりますでしょうか。

治療については下記のブログで公開中なので、興味のある方は見てください。
http://blogs.yahoo.co.jp/ishidach


スポンサーサイト

左足で外旋着地する


左足を外旋着地させる

小田先生の常歩(なみあし)勉強会の様子です。
この日は、極真空手の中量級、松岡朋彦選手も受講しに来ていました。
右手で突き(パンチ)を出すとき、左足を内旋着地するのと外旋着地するのでは、どう違うのか?
そんな話をしています。

その前に、足を内旋するって? 外旋するって?
足全体を動かすとは、股関節を動かすことです。
そして、股関節は、前後左右に動く以外に、回旋といって、ある程度まで回転することができる臼関節です。
で、足を内側に捻るのが内旋、外側に捻るのを外旋といいます。

いろいろな動作をするときに、体幹に最も近い関節である股関節をどう使うかは、その動作の力強さやスピードに大きな影響を与えます。
内旋着地をする松岡選手の突きは、ちょっと弱々しく、スピートも遅いように見えます。
どうしてでしょう。
内旋着地することで、動きにブレーキがかかってしまっているんです。内旋は、後ろに引く動作です。
次の外旋着地しているときの突きは……。
外旋は、内旋と逆に前に行く動作です。
スピード感があり、力強い感じがするのをわかっていただけるでしょうか。

一番見ていただきたいポイントは、右の股関節です。
内旋着地しているときは、右股関節がまったく固定されている感じがします。
外旋着地しているときは、右の股関節が、動きとともに前に出てきています。

胸鎖関節を使う


胸鎖関節を使う


小田先生の常歩(なみあし)・身体動作上達法の講義によく出てくる身体動作のポイントに“胸鎖関節”というのがあります。
「腕はどこから付いていますか」と聞かれれば、たいていの人は、腕は肩から付いていると答えると思います。でも実は、解剖学的な構造として、肩関節よりもう一つ中心部(胸元)に胸鎖関節という関節があるんです。
試しに、両腕を「前へならい」のように前に挙げてみて、この位置から、手の位置はもっと前に出ますよ、と言われたら…。
胸元の胸鎖関節から腕を前に伸ばすと、肩関節の位置自体が前に出て、その結果、手の位置が前に出ます。

私たちは、治療技術を磨くために、カイロプラクティックの矯正や正体術の稽古をするんですが、そのときに、この“胸鎖関節”の動きを使っていたんです。
胸鎖関節がやわらかく動くと、連動して、肩甲骨も動きます。
これまで稽古の時、「肩甲骨をこうやって動かして…」と言っていたのを、小田先生の講義をお聞きしてから、同じ動きを、この胸鎖関節の動きで説明すると、身体の動かし方が、とてもスムーズに相手に伝わることに気づきました。

胸鎖関節をスムーズに動かす稽古と、患者さんの身体に危険が及ばないように、一定以上の力が加わることのない矯正技術を稽古している様子です。

キーパーの動き


クロスボールの処理の仕方について


クロスボールについて。

この動画は、相手が右サイドからの攻撃です。

ボールがファーサイドに来た時の動きです。 
キーパーは、右足を90度曲げて膝で相手をブロックします。
キャッチが無理であれば、左手でボールの方向を変えます。これをフィスティングと言います。

さぁ~ここで問題ですが、この動きは、体の使い方が上手く使えてるかどうか?京都大学の小田先生と話してる場面です。
見てください。

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

常歩(なみあし)の勉強会


常歩(なみあし)の勉強会 治療所にて


昨年、石田カイロプラクティックオフィスに小田先生に来ていただいて、常歩(なみあし)の講義をしてもらっている様子です。
6回シリーズで来ていただきましたが、これは初期のころの映像で、基本的な練習をしています。

中心軸歩行と二軸歩行の違い。
馬の常歩(なみあし)を感じながら歩く。
間違ったナンバ歩きとは?
右足が出たら右手が前。
左足が出たら左手が前。

みんな一生懸命に練習しています。

テーマ : スポーツ全般 - ジャンル : スポーツ

Book Mark !
最近のコメント
最近の記事
プロフィール

Tat☆uma

Author:Tat☆uma
神戸市中央区元町のカイロプラクティック治療所で副院長をしています。
通常のカイロプラクティック治療の他に、常歩(なみあし)式身体動作上達法・二軸動作の指導をしています。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。